賃貸物件探しは不動産屋を使い分けると良いってホント!?

駅前の不動産チェーン店は相場の把握に使う

賃貸物件探しを行う時には、駅前に並んでいる大手不動産チェーン店に任せて探しがちです。しかし、それでは優良物件にたどり着ける可能性は極めて低いでしょう。なぜなら、駅前の不動産屋で紹介される物件は、希望の部屋ではなく不動産屋が大家から多くの広告料を受け取れる部屋が優先的に紹介されるからです。不動産屋では地域の物件相場を把握するために利用すると、最初から割り切って考えて物件情報を出してもらうと良いでしょう。

賃貸物件の本命探しは地元の小さな不動産屋を狙う

インターネット上に掲載されている物件は、優良物件が少ないと言われています。なぜなら、全国どの不動産屋でも案内出来る物件よりも、地元の小さな不動産屋のみが専属で入居者を募集出来る専任媒介物件に優良物件が多いからです。大手不動産屋チェーン店では、大家とのやりとりが多く発生する専任媒介物件契約を嫌う傾向にあるので、賃貸物件探しの本命は地元の不動産屋を狙うと良いでしょう。優良物件の特徴として保証人を立てれば保証会社を使わなくても賃貸契約出来ます。

無駄を一切省くなら大家から直接借りる

賃貸物件を借りる際に初期費用として支払うお金には、工夫次第で不要となるものや元々支払い不要な費用が含まれています。敷金や礼金は大家に対して支払うものであれば必要ですが、仲介手数料は大家から直接借りれば不要です。不動産屋がよく指定する室内消毒費や鍵交換費用は本来大家が負担する費用ですから、不動産屋がキックバックを受けるために入れているに過ぎず、大家は存在を知らないことも少なくありません。大家が直接入居者を募集しているサイトがあるので、無駄なお金を1円も払いたくない場合には大家から直接借りることも視野に入れてみると良いです。

バスセンター前の賃貸なら、駅に近い物件や便利な生活が出来る物件が豊富なのではじめての一人暮らしでも安心です。