建築コストを安く出来る!?住宅用土地を選ぶ時のポイント

道路の幅と接道幅の関係って何?

更地の状態になっている土地はともかく、建物が在る土地を購入する場合には幾つかの注意点があります。建物を建築する事が出来る土地は、4メートル以上在る道路に幅2メートル以上の接道幅が必要と言う決まりが設けられています。例えば、旗状土地と言うのは奥まった部分に家を建築する事が出来る土地が在る物件で、4メートル以上の幅を持つ道路に対し、2メートル以上の接地面が必要であり、この条件を満たしていない場合には建築許可が下りない事もあります。

セットバックが必要なケースとは?

旗状の土地は道路から奥まった部分に建物を建築する事が出来るため、交通量が多い道路側よりも静かな生活が出来ると言うメリットがあります。この道路の幅が4メートル以下の場合、建物を建築する時には道路の中心より2メートルの幅を確保する事が必要になるのが特徴です。仮に、道路の幅が3メートルしかない場合、道路の両側の土地がそれぞれ50センチずつのセットバックが必要になります。しかし、道路の向かい側が河川などになっている場合は、土地を購入した人は1メートルのセットバックが必要になります。

旗状土地でもコストを抑えて家を建築出来ます

旗状土地は道路から建物を建築する敷地まで私道となる幅の狭い道があり、幅員は2メートル以上の確保が必要です。建物を建築する時にはこの私道となる部分に重機車両などを搬入して作業を進める事になるため、工務店などに相談をしておくのがお勧めです。重機車両を入れる事が出来ない道幅になっている場合、資材の搬入や基礎工事を行う時の人力作業が増えてしまい、建築コストが高くなるからなのです。そのため、事前に工務店に相談をしておいて重機などの機械搬入が可能になるのかを確認しておくのがお勧めです。

足立区の工務店は多くあります。どの工務店も工法やデザインに特徴があります。好みの工務店を探されてみてはいかがでしょうか。