賃貸物件の設備の修理や交換費用を負担するのは?

通常使用で壊れたら家主負担

賃貸住宅内の設備が故障することって意外に多いものです。自分が使っている最中に壊れたのだから、自分が費用を負担するのか?と考えてしまう入居者も多いようですが、修理、交換費用は家主が負担するものです。室内の設備がきちんと使える状態であることを前提にして家賃が設定されているわけですから、即直すよう要求できます。ただし、過失か故意で壊した場合は、入居者の負担となります。室内の設備には耐用年数がありますので、それを超えていて請求されることはありません。

耐用年数以内に壊れた場合

エアコンにしても、給湯設備にしても、耐用年数までは持つのが普通ですが、それよりもずっと早く壊れた場合は、原因によって負担者が違ってきます。例えば、エアコンの室外機に外から何かが飛んで来て当たって壊れた場合は、家主の負担となります。エアコンのフィルターの掃除を全然やっていなくて壊れた場合は、入居者が負担します。しかし、全額負担することはありません。経過年数によって減額されますので、ごく一部の負担で済むことが多いです。

前の入居者が残したものなら

前の入居者が残して行ったものをそのまま使っていた場合は、修理、交換費用も廃棄費用も入居者負担となります。網戸やエアコンなどでそういう例が多いですね。入居の際に、それに関する書面に署名しているはずですが、その記載がなく、口頭で聞いた覚えもない場合は、応じる必要はありません。それを知らされないで入居したということは、その物件に備え付けという前提で家賃を支払い続けていたということになります。堂々と主張しましょう。

札幌市白石区の賃貸マンションは、大きな地震が起きたとしても被害が少なくなるように設計されている賃貸マンションです。