夢の一戸建て!注文住宅と建売住宅を比較してみよう

家を建てるなら注文?建売?

住宅購入を考えた際、まずは注文住宅にするか建売にするかという選択をしなければなりません。注文住宅であれば自分の好みの住宅を一から造りあげることができますが、その分住宅購入のために割かなければいけない時間も多くなります。実際、仕事や子育てをしながら打ち合わせの時間をとるのは容易ではありません。仕事後や休みの日が打ち合わせで潰れてしまうので、いざ住宅の購入を決めてからこんなに大変だったとは、と感じる方も少なくないでしょう。

注文住宅のメリットとは

しかし、前述したように注文住宅は一から自分達で決めて行くことができるので、納得のいく仕上がりになることも多いと思います。建売住宅では決めることのできない屋根や外壁の色はもちろん、内装や照明器具の配置等細かい部分まで決めることができます。また、住宅を購入する際に悩むガス電気、灯油といった燃料についても自分達で決めることが出来るので、長年暮らしていくことを考えると大幅なコストダウンも可能になるかもしれません。

建売住宅のメリットとは

建売住宅のメリットはやはりスピードではないでしょうか。注文住宅のような綿密な打ち合わせが必要ないので、共働きの夫婦等は打ち合わせの時間を割く煩わしさがないことは大きいと思います。また、即時に入居できる住宅も多いため、住宅を建てている期間を待つということもありません。何カ所か建売住宅を見学して、自分の好みに合う条件の住宅があればとても運がよいことですよね。優柔不断で決められない!と言う方も注文住宅よりは楽に話が進められるかもしれません。注文住宅・建売住宅、どちらもメリットデメリットはあるのでどちらが良い、とは一概には言えませんが、大きい買い物なので失敗することがないようパートナーとしっかり話し合って納得のいく住宅購入ができれば良いですね。

足立区の注文住宅を賢く選ぶうえで、それぞれの物件の販売価格の相場や外壁の色合い、建物の素材などを確かめることが肝心です。