賃貸住宅から遠方に引越す場合に便利な方法

賃貸住宅から退去して遠方へ

賃貸住宅から遠方へ引越す場合って、家族がいれば別ですけど、単身者の場合はかなりハードですよ。荷物を搬出した後、明け渡し前の掃除をしなくてはならない。原状回復費用算出のための立ち合いもしなくてはならない。荷物を追いかけて新居にも向かわなければならない。家族がいれば、手分けできるからなんてことないんですけどね。明け渡し前の掃除をおろそかにすると、クリーニング代を請求されるかもしれないので、ちゃんとやっておきたいものです。

新居への荷物搬入日を遅らせる

引越しトラックに同乗して行けるなら楽なんでしょうが、それはできません。万が一交通事故にでも遭ったら、保険が適用されないからです。だから、自分で遠方の新居に向かうことになります。荷物が着くまで先回りするというのは、結構難しいですね。新居への荷物搬入日は遅らせてもらいましょう。その間、荷物はどこかに保管しておいてもらわなければなりません。保管料金がかかる場合もあるでしょう。しかし、それにたいへん適した方法があります。

引越し荷物の鉄道コンテナ輸送

これは大手引越し会社でプラン設定してありますので、そのプランを利用するのもいいでしょう。引越し会社のトラックにコンテナが積まれてやってくるので、その中に引越し荷物を搬出します。トラックは駅に向かい、コンテナを降ろします。コンテナが貨車に載せられ目的地の駅まで運ばれます。ここで無料で数日保管が可能です。引越し会社のトラックが駅でコンテナを積んで新居に向かい、新居でコンテナから荷物を出します。これで時間調整が無料でできます。

帯広市の賃貸マンションは、部屋を借りる形となるので、土地が値下がりしたとしても関係ないですし、一戸建てのようにマンションを維持していく必要もありません。